水道工事について

水道工事について 水道 水漏れは、どこからの水漏れなのか、あるいはどの程度の水漏れなのか、それによって対応は違ってきます。自分で水道 修理できる程度の水漏れもあれば、素人には手を出すことのできない部分もあります。例えば排水管や給水管などの破損であれば、当然業者に依頼しなければなりません。そして水道工事を依頼する際に、最も大切なのが業者の選定です。これを間違えると、やり直しや支払いのトラブルに巻き込まれかねないのです。また、料金の大体の目安を知っておくことも大切です。良心的な業者ならきちんとした料金の目安があります。それを事前に調べておくことで、トラブルの回避に役立つでしょう。

■水道工事とは

自宅で水漏れを発見した時は、専門業者に修理を依頼することになります。しかし、水漏れ自体がどの程度なのか把握できる場合は良いのですが、業者に依頼するようなときは、大抵被害の程度は分からないものです。まず、水道工事全般について知っておきましょう。
これには大きく分けて、給水管引き込みと屋内配管工事の二種類があります。給水管引き込み工事は、公道にある水道管から家庭内に引き込むもので、屋内配管工事は、引き込まれた水道管を家庭内の各蛇口まで配管するものです。これらは公道工事と宅内工事と呼ばれることもあります。
これらの中で私たちに直接関係してくるのが宅内でのものとなります。宅内の場合もまたさまざまなものがあり、蛇口の交換など簡単なものもあれば、家の内部を通っている排水管や給水管の取り換えなど、大掛かりなものもあります。


■業者選定の判断基準
まず最初に、水道に関する作業は誰でもできるわけではありません。水道局指定の業者がすることになります。業者に依頼する際に、そこが指定給水装置工事事業者であるかどうかを確認しておきましょう。
これは指定業者だということを証明するもので、これがあるのとないのとでは信用の度合いが違ってきます。この指定業者を選ぶことで、多くの利点があります。まず、費用面で過大に請求されることがありません。指定を受けてない会社の中には、高額な請求を行うところもあります。指定業者を選ぶことは、安心できるひとつの目安となります。

■料金について

料金については、実は作業内容によってかなり違ってきます。排水管の接続部分のナットを締め直すだけとか、パッキンを交換しただけというような簡単な作業でも、高額な金額を請求されたという事例もあります。これは一見不当な請求のように思えますが、実は正当な請求であるケースも存在します。それは、代金には出張費などが含まれていることがあるからです。
便利だからという理由から、何も考えずインターネットで見つけた業者に依頼した場合、その業者が自宅からかなり遠方の場合には、それだけ出張費が加算されることになります。また、人数によっても違ってきます。ですから、うっかり遠方の業者に頼んでしまった場合は、高額な請求になる可能性があります。業者選定に当たっては細心の注意を払い、料金についても確認すべきことは事前に問い合わせをしてから、依頼することが大切です。

■まとめ
水漏れは簡単なものから複雑なものまで、多種多様です。業者に詳しく調査してもらって、初めて事の重大さに気づくことも多くあります。水漏れが単なる排水管の修理や交換で済むのなら、それほど大ごとにはならないかもしれません。しかし、それが排水管全体の劣化による破損だとしたら、修理も大掛かりになる可能性があります。先ずはきちんと調査をしてもらい、その上で見積もりを取り、料金や工事をしてもらう時間帯などさまざまなことを検討した上で依頼すると、後悔をしなくて済むでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース